ヾ(〃^∇^)ノわぁい♪更新トビトビでごめんね。お気に入りが撮れたら更新します♪
CALENDAR  ARCHIVE  ENTRY  CATEGORY   
 RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
ウーン (Θ_Θ;) まだまだ・・・




    いつも仕事が終わってから写真を撮るため
    蛍光灯の下で撮ることになりますから
    水滴に蛍光灯が映ってます(´Д`|||)

    昼間撮ればいいのですが落ち着かなくて・・・
    
    光が足りなくてザラついてます。
    もっと光を!!











    今、バッハのシャコンヌを練習しています。

    無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータの中に含まれる曲で

    ソナタ第1番ト短調 BWV1001 (全4楽章)
    パルティータ第1番ロ短調 BWV1002 (全4楽章)
    ソナタ第2番イ短調 BWV1003 (全4楽章)
    パルティータ第2番ニ短調 BWV1004 (全5楽章)
    ソナタ第3番ハ長調 BWV1005 (全4楽章)
    パルティータ第3番ホ長調 BWV1006(全6楽章)

    の中のパルティータ第2番の最終楽章がこの曲です。
    バイオリン弾きの人に言わせると「勘弁してほしい」曲だそうです(・Θ・;)
    
    ピアノ譜だけ見ていきなり弾くと派手派手になりやすいですが
    バイオリンの原曲を聴くと (・"・;) ウッ・・・違う・・・イカン・・・
    と感じると思います。

    無伴奏のバイオリンの音を再現しようと
    ペダルを控え目にして練習中です。
    今のところ譜面どおり正確に練習曲のように弾いてます(;´Д`A ```

    ブゾーニ版の譜面は簡単に手に入ったのですが
    ムズかしくて長い・・・(・Θ・;)アセアセ
    長期間練習しても録音して公開できるような状態にはならないでしょう。
    シロティ版も入手しましたが ウーン・・・ (Θ_Θ;) 派手すぎる感じが・・・
    一番原曲に近い雰囲気があるのがブラームスの左手の練習曲版ですが
    せっかくピアノで弾くのにどうなのかなぁ・・・
   
    原曲の雰囲気を残しつつ、ピアノの華やかな響きを効果的に使って
    派手すぎない、技巧的すぎない っていうのは難しいのかなぁ?

    次にみつけたのが小林秀雄版。
    曲の半分から後ろが無いのですが弾きやすそう ♡
    あれ?でも途中速くてタイヘンかなぁ?少しアレンジしてもいいかなぁ・・・


    ----------------------------------------------------------------------------------



草花 - -
初マクロ



    ずっとマクロレンズが欲しいと思っていました。
    好きな写真家さんは主に180mmマクロを使っていて
    私もどうせなら180mmからと思っていたのですが
    入手したのは40mmです。
    理由は小さくて安いから(´Д`|||)

    でも撮ってみて舞い上がりました。
    だってマクロなんだもの(*ノノ)キャ〜〜〜♪

    仕事の前に手持ちでサッサと撮ってきましよぉ〜。
    手持ちでも、ピント合わせの時に拡大しているので
    フレーム内の構図やバランスがおざなりになってしまいます。
    勘を頼りに撮りました。あとは慣れかなぁ(・Θ・;)

    コゴミはそのまま。タンポポは日の丸構図だったのでトリミングしました。



















    何のヒネリも無いただの試し撮り画像ですが
    σ(o^_^o)にとっては記念の一歩目です♪

        ----------------------

    ここでΣ(〃゜ o ゜〃) ハッ!!と気付いたのですが
    「なおざり」と「おざなり」どっちが正しいのかな???
    検索してみたところ
    「なおざり」 は、やりはじめることもしないこと
    「おざなり」 は、適当にいいかげんに済ましてしまうこと。

    私の場合は「おざなり」で正しかったみたいです。
    「なおざり」は放置
    「おざなり」はてきと〜っていうこと初めて意識しました(・Θ・;)

    お座なり → ~~旦_(。-_-。)「これでいっか、まぁいっかぁ〜」


    後でJPG化したものも面白いのでアップしておきます( '∇^*)










      




草花 - -
電球と腰痛



    デジブック臨時増刊号?をアップしました(^_^;)
    去年の春に撮った花々を集めてみました♪
    既出の画像も2枚ほど入っていますがほとんど初めて使う画像かも。

    下の画像をクリックすると再生がはじまります。(5月中旬まで閲覧可能)



    



    寝室の天井に埋め込んである照明の電球が切れました。
    でも大丈夫♪ 自分でできるも〜ん♪
    踏み台に上って天井の電球をはずそうとしたらはずれませんヽ(~〜~ )ノ ハテ?

    良く見てみると、今まで見たことの無い電球・・・
    ねじ込み式の電球とばかり思っていたら
    蛍光灯の差込口のようなモノが(@◇@;)
    ねじっても引っ張っても取り外すことができず
    電球の型式をメモして検索することに・・・

    ある人は、押しながら電球の先を下に下げると言い
    またある人は、浮かしてからひねると言う
    検索しては試して一日かかりましたがとうとう外すことができず
    次の日に 押して左にひねりながら下げるということがわかり
    やっとはずすことができました。

    問題はここからなのです。
    外し方を検索しながら電球を注文したのですが
    蛍光灯はワット数を上げてはいけないが
    下げるのは問題ないとわかったので
    寝室には明るすぎた電球のワット数を下げて注文しました。

    ところが!
    押しても回してもどうしても取り付けられない!

    嫌な予感がしたのでもう一度検索したところ
    このタイプの電球はワット数によって口金の形状が少しずつ変えてあって
    他のワット数の電球が取り付けられないそうなのです。

    この家に住みはじめて初めての交換なので15年経っているかなぁ。
    こんな電球がついているなんて知らなかった(;´Д`A ```
    なぜこんな不便な電球をつけたのか理解に苦しみます。

    その電球の名前はコンパクト蛍光灯。こんなのです。
    はじめて見た・・・こんな電球あったんだ・・・

                 
 
    メーカーによっていろんな名前がついています。
    明るく経済的で長持ち。たしかにそうかも。15年もったし。
    でも、交換にこんなに苦労するなんて・・・
    それに田舎にはこの電球売っていないし。

    取り付けに苦労した夜から腰痛で動けなくなりました。
    身体を反らした状態で押しまくったせいで
    背骨のどこかがずれたのではないかと思います。
    今日も歩くことさえ苦痛です(・Θ・;)

    正しいワット数の電球が届いたにもかかわらず
    腰痛のため取り付ける気力がありません。
    今夜も暗い寝室で休むぶひぃなのでした・・・

    電球交換のせいで吐き気がするくらいの腰痛にみまわれて
    (ρ゜∩゜) グスン ・・・なのです。
    果たして、明日の仕事ができるのか・・・

    電球切れてからすでに一週間、腰痛になってから3日間、
    電球一本のせいでこんなにわずらわされるとは思いませんでした・・・   



草花 - -
FUJI X10 お試し撮影会
 

    先日 FUJI X10 と X100 のお試し撮影会に行ってきました。



                 
         使いやすいX10        X100の金属ボディーかっこいい



    日差しも暖かくなってきてそろそろ春だなぁ♪と思っていたら
    当日は大荒れの吹雪でドキドキしながら運転して行きました。
    オマケに道に迷いました(;´Д`A ```

    だって・・・道の脇が雪の壁でどこを走っているのやらわからなくなって・・・
    遅刻してしまったのでした|||(-_-;)||||||どよ〜ん

    以前からコンパクトな短焦点カメラの X100 欲しいと思っていましたが
    お値段が張るので手が出ず、X100 を試したかったのですが
    気がかわって X10 のほうを試してきました。

    温室で撮ったのは賞味1時間半くらいでした。
    140枚くらい撮って昼食後にFUJIの講師の方から
    コンテストに作品を出す場合の傾向と対策講座があり
    興味深く拝聴してまいりました。

    その後で参加者の全画像データを一枚ずつ批評いただき
    σ(・・*)は思いっきり試し撮りしていたので申し訳無かったです。
    特に面目無かったのは、バケツに落ちてくる天井からのしずくを
    30枚撮った失敗ばかりのものを再生させてしまって・・・
    失敗とはっきりわかるものだけでも削除しておけばよかったです。
    参加者のみなさん、スタッフの皆さんごめんなさいq(T▽Tq)(pT▽T)p

    フジのデジカメの色、以前から好きでした。
    暖かくて色鮮やかで。

    2004年6月からフジのコンデジでこのJUGEMのブログをはじめました。
    (* v v)。 ハズカシイケド その当時のページです

    家に帰ってきてパソコンに取り込んで編集すると
    いつもの自分の色になってしまいます(・Θ・;)
    もともと発色が良い画像なのでいい色が出ます♪

    以下の画像は FUJI さんが意図しない色かもしれませんが
    私の期待色ということで・・・











      









      









      







           30日間だけ閲覧できるデジブック作りました。どうじょ。


                




草花 - -
○ジカラーのカメラ教室 v('▽^*)ィィ♪
 
    5月22日に○ジカラーのお店がやっている
    初心者向けのカメラ教室に行ってきました♪

    メーカー、機種関係なく参加できるものでした。
    実は、申し込んだ時はあまり期待していなかったのです。
    初心者の講座だから、半押しでピントを合わせるとか
    モードの使い分けくらいかなと・・・

    ところが、素晴しい内容でカンゲキしました。

    カメラのマニュアルを見ただけではわからない
    数々の重要なポイントを教えていただきました。
    
    乾いたスポンジのようにジュワジュワ吸い込みましたですよ〜♪

    暗闇のダンジョンで宝箱をみつけたような気分で
    楽しい~~~~っ!d(*⌒▽⌒*)b

    7月に、同じ先生に教えていただけるようなので
    また参加したいと思っています。
























草花 - -
空振りなおでかけ

    お盆も過ぎたというのに、残暑ですね。
    どんな休日をお過ごしですか?

    私はといえば、昼過ぎになって
    急にミルトコッペのパンが食べたくて
    内心、「もう売り切れてるかな」と思いつつ
    ドライブ気分ででかけました。

    ミルトコッペのミルトというのは地名です。
    コッペはコッペパンのコッペね。
    コッペはフランスパンのクッペ(クーペ)のことみたい。

    ミルトコッペのある岩見沢市の美流渡は、
    炭鉱の町でした。

    炭鉱の町に行くといつも回想してしまいます。
    私の実家は燃料屋で、
    子供の頃から石炭の名前をなんとなく覚えていましたし
    貯炭場の石炭の山に登って遊んでいました。

    北海道内の石炭では
    夕張
    美流渡
    羽幌
    角田
    幌内
    奔別(ほんべつ)
    太平洋
    などなど、それぞれ家庭用、工業用など用途があって

    塊炭、中塊、粉炭、沈粉などの大きさに分かれていて
    ストーブの種類によって石炭のブレンドをしていました。

    そんなことを思いながら山奥のミルトコッペに到着。
    5人ほど年配のお客さんが出てきましたが嫌な予感。

    彼らはそれぞれダンボールを抱えていたのです(-"-;A

    玄関前には「売り切れました」の札が!(゜◇゜)~ガーン

    なんという買い方( ┰_┰)ノ
    大人買いというか、あるだけ買いというか・・・
    さすがです。
    せめてあんパン一個でも残してくれれば・・・

    やっぱり早朝に来ればよかった・・・
    私が到着したのは1時。
    日曜日の昼過ぎは売り切れも早いのかも。

    んじゃ、三笠に行って、気になっているお菓子を・・・
    と思ったらガソリンが少ししか無い〜(≡д≡)無理ね。

    これが、検索中に偶然みつけたお菓子で
    ココナッツロール 1個180円くらい!
    三笠市の老舗 いなば菓子舗の作です。
    (後にゲットしてきて食べ物専門のブログにアップしました。
      8月31日の日記をご覧下さいませ)


    ロールケーキにココナッツがまぶしてあるそうな!
    その姿はまるでコロッケという未知のケーキです。

    ガッカリしながら山道を下る途中で花をみつけました。
    キレイなのでアップします(*´∇`*)





草花 - -
森の空気でリフレッシュ
    ジャガイモ中毒から10日が過ぎても
    軽い目眩が残っていますが
    山の空気を吸いたくて無理して行ってきました。
    日高町のネイチャーセミナー♪
    生憎の雨でしたが、その分空気が澄んでいて
    とても良い香りでした。

    植物学者の先生と一緒に
    水辺を歩いて植物観察という
    楽しいセミナーです。

1
ユキザサ

2
マイヅルソウ

3
ミヤマエンレイソウの赤花

4
艶のある純白でまっすぐ伸びた美しい白樺。
北海道でもまれに見る美しさです。

5
水辺には大量のクレソン!誰も採って食べないなんて・・・
小川がクレソンのせいで流れなくなるから
たくさん採って帰ってと言われて小躍りしました。
クレソンって強いんですね(* ̄。 ̄*)ウットリ

6
エゾムラサキのピンクと青と白の群生をみつけて
とても嬉しそうな先生(*´∇`*)
エゾムラサキはムラサキ科ワスレナグサ属の仲間で日本の植物です。

ワスレナグサとの違いは
エゾムラサキは茎が根元から直立しているのに対して                                                             ワスレナグサは茎の根元が横に這うのだそうです。

この仲間で日本に自生しているものでは
ハマワスレナグサ、ノハラムラサキ、ノハラワスレナグサ
があるそうです。

7
戦利品♪ 茹でて小分けして冷凍だぁ♪
油揚げと一緒にパスタに混ぜ込んで和風味にすると美味しいんだよ。


    このあと、峠道を攻める気力が無くて
    平取経由で遠回りして帰りました。
    やはり病上がりで無理はいけません。

    雨の日の日高の山々は目に緑が鮮やかで
    芳しい潤った空気を与えてくれました♪
草花 - -
ばらだらけ〜


表と裏の色が違っていてキレイ


売るほどあるね(>▽<;;


 
この色、かわっているでしょう?大輪の薄紫のバラ
直径10センチちかくもある
はなびらが真珠みたいな光沢でしばし(* ̄。 ̄*)ウットリ

ばら工房さんの話では太陽が足りないせいでこんな色になったそうです。

バラが一輪だけでも部屋にあるだけでしあわせな気分になるのに
売るほどのバラをいただいて ぼぉ〜〜〜・・・♪・:*:・ ( ̄* )

 

草花 - -
この花の名前がわかりません
未知の花

散歩中にみつけました。
国道沿いの道端にあった花です。
ミチヤナギのような葉がついていて
花の長さは1.5〜2センチくらい。
花芯は薄緑色で花のピンクも薄いピンクです。
葉は茎から直接生えている感じで
ワンセット3枚から4枚。
北海道の植物図鑑には載っていなかったです。
帰化植物でしょうか?
あまりにもカワイイのて摘んできました。
花の下の方に薄茶色の種ができています。
すごい数の種なので爆発的に増えそうです。
こんなお花畑っていいなぁ〜(^ー^* )フフ♪

去年、ガガイモの花をみつけたけれど
調べても調べても何の花かわからず
何ヶ月も経ってからガガイモとわかりました。
この花もそのうち名前を知ることができるかな?

追記 8月31日

この花は雑草ではなく花屋さんの花だそうです。
こういう花が国道脇に咲いているということは・・・
交通事故で亡くなった方に供えたお花ですね。
かわいい花が咲いていたからと言って
むやみに摘んで来るのも考えものです(´;ェ;`)

枯れてこぼれた種からこんなにかわいい花が咲くんですね。

この花、私が摘んだ次の日に刈られていました。
運が良かったのか悪かったのかわかりませんね。
持って帰った花は枯れてしまいましたが
迷った末に家の裏に種をまきました。
お供えした花のこぼれ種から増えた花とはいえ
気持ち悪いなんて思っちゃいけないと思いながらも
ちょっと複雑な心境です。
草花 - -
さくら
エゾヤマザクラ

シモクレン

川霧

川霧2

エゾヤマザクラの特徴は花と葉が同時ということと
葉の色が茶色っぽいことです。
花の色は最初は赤みが強く序々に色が薄くなりますが
散った花びらはかわいいピンク色です。

下の2枚は静内川の川霧です。
早朝じゃないと撮れないと思っていたら
太平洋岸では昼間も霧が出ていることが多いそうです。
だから寒い!!夏でも寒いんですって!
草花 - -
| 1/4 | >>