ヾ(〃^∇^)ノわぁい♪更新トビトビでごめんね。お気に入りが撮れたら更新します♪
CALENDAR  ARCHIVE  ENTRY  CATEGORY   
 RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
11月の空

 

北海道のキャンプシーズンは10月で終わりですが

11月にもキャンプできる場所があると知り、下調べに。

 

幾度となく見ていた場所がキャンプ場と知りちょっと驚き。

昔よくあった、田舎のおじさんが自分で作った遊園地のような場所で、

小さな濁った溜め池のほとりに動物のコンクリート像があり

ジャングルジムやちょっとした売店があるそんな場所です。

 

ところが行ってみると池は考えていた10倍くらいの広さで

池と池の間に広い敷地があり、そこでもキャンプできそうです。

夏だと虫だらけだろうなと思いますが、もう雪虫もいないし

お天気の良い日にジンギスカンをしにデイキャンプに行こうと企んでいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

空はその池で撮ったもので、ツルウメモドキの橋は池と池の間に行く橋です。

 

驚くことに、池の向こう側は河川敷の広大な公園で、そこにもキャンプ場が。

シーズン中にはレストランもあるようで、ウフフと笑いながら散策してきました。

 

今年のキャンプはデイキャンプばかりで消化不良。

冬キャンプに手を染めてしまいそうで怖いです。

 

昨日、冬タイヤに交換しましたが冬ワイパーがボロボロ(;´Д`A 

ホームセンターに行って物色しなくては。

 

 

 

風景 - -
10月の蓮

 

北海道には蓮と睡蓮の区別ができない人が多いです。

私も10年前まではその一人で、写真仲間に蓮と睡蓮の違いを尋ねていました。

 

北海道人が蓮を知らない理由は蓮池が無いからです。

それでもこの数年の間に蓮のある場所を二か所みつけました。

一か所はネット検索してみつけましたが、

今日の場所はカメラ会社の撮影会の参加者から伺いました。

蓮池のある地元の方で、その場所がとてもお気に入りのご様子。

 

ずっと気になってはいたのですが今日行ってきました。

花も咲いていない晩秋のこの時期に(;´▽`A``

ディープで不思議な場所で誰にも教えたくありません。

雪が降ればまた雰囲気が良さそうな場所です。

 

 

 

 

花も終わったのに良い写真撮れましたか?と尋ねられましたが、

 

 

 

 

うわあ! 蓮のクレーター! とか一人で盛り上がりながら撮っていました。

 

 

 

 

蓮池と蓮池の間の通路に落葉(らくよう)の葉が。 これ踏んで歩いたのって何十年ぶりだろう。

 

 

 

 

オマケ 1 「何かくれる?」

様々な色の巨大な鯉がたくさんいました。 場所は秘密です。

 

 

 

 

オマケ2 「枯葉がくっついちゃった」

帰りにドッグランに寄りました。大きなチビ君と小さなジャイアン君と知り合いになりました。

 

----------------------------

余談ですが、今年はあまり宿泊キャンプに行っていません。

春の一回目のキャンプの時に、いつもお世話になっていた方がご病気で亡くなったことを知り、

次の朝、強風の中でテントを畳んで昼過ぎに帰ったのですが、ちょうどその頃に

キャンプ場からボートで釣りに出た方が強風で流されて二人亡くなりました。

帰ってからニュースで名前を見ると、聞いたことのあるお名前で、

キャンプ場で顔見知りの人かもしれません。

 

その後、支笏湖へはデイキャンプで何度か、近所のキャンプ場にも3度行きました。

強力なストーブを準備したのに(-_-;) 足が攣っても大丈夫な飲み薬もあるし、

マイナス30度までOKの寝袋もあるのに一回しか泊まっていません。

 

10月になってから従姉と一緒に犬二頭連れて泊まらない夜キャンプしてきました。

かねひろジンギスカンと おむすびのディナー最高♪

二人と犬二頭だと三角テントはちょっと窮屈ですが、暖を取るだけだったので間に合いました。

 

6年間使ったお気に入りの三角テントは現役ですが寒くて。

Kodiak Canvas の Flex-Bow 6-Person Canvas Tent いいなあ。

熊の足形ロゴが北海道に似合ってる♪

 

 

 

 

 

 

 

風景 - -
あと一時間早く行けば

うららかな秋の休日、急に思いついて出かけました。

が、着いたら日が傾きかけて、肝心の紅葉が山の陰に(〒_〒)

 

ギリギリ撮った写真をどうじょ。

10枚もあるから退屈させるかもしれません。

 

 

今まで何度か登場した木です。千鳥ケ淵の森の主と勝手に呼んでいます。

 

 

 

発電所の下にある小さな滝

 

 

 

湿っぽい所には必ずコケが生えていますね。この漏斗型の苔はヒゴケという名前のようです。

 

 

 

ここは夕張市の北海道企業局が運営管理する水力発電所の滝ノ上発電所です。

建物に北炭のマークがあるので昔は北海道炭鉱汽船のものだったと思われます。

 

 

 

 

この水路は発電所よりもずっと高い所にある実際に発電する沢と繋がっています。

 

 

 

薄暗い遊歩道から淵を透かして見たら真っ赤な場所があって釘付けになりました。

 

 

 

この木も今までに何度か撮っています。何度行っても同じ木の下で足が止まります。

 

 

 

 

夕張川の色ってこういう緑色のイメージです。

 

 

 

 

一番奇麗な景色の場所に着いた時にはもう日が傾いて山の陰になっていました。

 

 

 

それでもキラキラの秋が撮れました。

 

余談ですが、ここを撮って歩いている時に、どうもつけられて遠巻きに監視されている?

と前半思っていました。

そしてとうとう追っ手が近づいてきて「あのー、土木学会の方ですか?」

えっ?ああ、そういえばさっき団体を追い抜いて来たっけ。

追手の人は「失礼しました!」と言って団体の方へ戻って行きました。

どうやら私は団体から離れてふらふらと勝手な行動をとる危ない人と思われて

心配されていたようです。

 

それにしても土木学会ってどんな学会なのか、検索してしまいました。

 

 

風景 - -
秋ですね

仕事へ向かう前に急いで撮ったものです。

カメラの保存形式がRAWだけにしてあって

ソフトに不慣れで色編集が濃いような・・・

 

ソフトに慣れるまでの間、ご容赦ください。

 

 

秋の水連の池で二輪だけ待っていてくれました。 桜の枯葉がお気に入りです。

 

 

 

桜の枯葉は様々な色で楽しいですね。

 

 

 

 

夕方の公園で赤いヒマワリに会えました。

 

 

 

田舎の小さな神社の境内です。もみじの向こうに睡蓮の池があります。

 

 

 

走行中、目に飛び込んできた赤い色。 車を停めて撮ったら後ろの家が廃屋でした。

 

 

 

風景 - -
言い訳心と秋の空

丁度パソコンを新しくした頃に長年使っていた無料画像編集ソフトが配布停止となり

画像編集が不自由になると同時に写真もあまり撮らなくなっていました(-"-;A 

やはり市販ソフトを導入する方が良いのかと思う今日この頃です。

 

今年は秋が長く、陽気に誘われてカメラを持って出かけるのが楽しいです。

カメラを持つと普段通り過ぎている風景が新鮮に目に映ります。

今日の画像もどうということもない珍しくもない空の写真ですが

私には大切な風景なのだろうと思います。

 

 

 

 

 

 

広い畑の向うにあるお山の向こうに支笏湖があって、

清涼な森の空気とキラキラ輝く水面が見えるような気がします。

 

 

 

 

 

 

田舎の日暮れ。よく見ると丘の道に車がたくさん。田舎のラッシュですね。

 

 

 

 

----------------------------------------

余談ですが、アロエってすごいですね。

5月から酷い日光湿疹が治らなくて、一番酷い箇所にアロエを塗りました。

炎症が治まってから見るとその場所だけ白いではありませんか!

こりゃいい♪と早速アロエ化粧水を作りました。

顔の小じわがピンとなるので朝はアロエ、夜はしっとりするドクダミ化粧水で

老化現象を抑えようと思っています。

 

頭の老化はホスファチジルセリンとホスファチジルコリンで抑え、

左手の薬指と小指のヘパーデン結節を抑えるためにスルフォラファンを飲みはじめました。

飲み始めてすぐは痛みの治まっていた薬指まで痛くなりましたが

気が付くと結節の部分が細くなっています。

まだ炎症の治まっていない小指も根気良くマッサージして必ず元の奇麗な指に戻しますよ〜。

 

左目から涙が出る原因も涙腺を鼻に流す菅が詰まり気味とわかって

マッサージで良くなりました。

血行やリンパの流れを良くするのって大切なのですね。

歳とって初めてこういうことに気付きました。

風景 - -
ゴールデンウイーク突入

 

 

いつもゴールデンウイークになってから水芭蕉を見に行くと

すでに花は終っているのでした。

今年は少し良かったけれどいいところは咲き終わっていました。

 

 

 

今日のBuhi地方。風は冷たいけれど、麗しいお天気です。

 

 

 

 

まずは綺麗なのを探して普通に撮りましょう。

 

 

 

 

苞が萎れて水に浸かっているけれど中心は元気ですね。この後ここはどんな実になるのかなあ?

 

 

 

 

水芭蕉の湿地と繋がる池に大きな鯉がたくさんいて、ついてきます。一人なのに大勢でワイワイ言いながら帰るみたいな。

「人間だ。エサくれるかな」「ついて行ってみようぜ」「早く何かよこせ」そんな感じ。

 

 

 

 

今年もマグノリアの頃にここに来ました。もしかしたら去年も同じ枝を撮ったかも。

春だけの芳しい香り。今年はスズランの香りに会いに行きたいです。

今まで何度もスズラン群生地で撮っていますが、まともなのが撮れたことが無いんです。

群生地が林間で暗いのと、スズランの草高が低いことと、どうやって撮ろうというイメージが無いこと。

スズランの香りで判断力が低下するのだとしたら、唯一好きな香水のディオリッシモはどうなのかな・・・

 

 

 

 

4時54分の影。一度車に戻ってから思い出して歩道を撮りに行きました。

 

 

 

 

 

 

ネコに見えない?よく見れば古い切り株なのですが。

 

 

 

 

風景 - -
オープンを待つ間

 

暖房の必要な日は続いていますが

車の横に積みあがった雪もほぼ融け、

枯草ばかりの地面がところどころ緑がかってきました。

 

裏のフキノトウとクロッカスの緑を見ると心が躍ります。

もうすぐキャンプに行ける!(^^;)

 

昨年はテントの個人輸入で冬の間バタバタしていましたが

今年は壊したテントの修理用ポールを入手しただけです。

 

でもテント内の道具配置を考えたり、

部屋の中でキャンプ気分になりたくてこんなことしてみたり。

 

 

 

 

 

 

どうして自分がキャンプに魅力を感じるのかこの頃気付きました。

キャンプっておままごとに近いじゃないですか。

 

女の子が数人でままごとをすると、全員がお母さんやお姉さんに立候補する中

いぢけた子供だったσ(^_^)は争うのが嫌で最初からお父さんやお兄さんに立候補。

我慢ばかりであまり楽しめていなかったわけです。

 

その後何度かキャンプに誘われましたが

トイレが怖くて参加できませんでした。

 

思い切って行ってみたらトイレは水洗で清潔。

温水の出る炊事場があるキャンプ場もあるし大好きになりました。

 

ままごと的な話をすれば、家を建てることから食事の支度まで

お父さん役からお母さん役まで全部楽しめるわけです。

 

子供の頃に机の廻りに毛布をかけてその中にいるのが大好きだったので

テントの中でまったりすることもそれと同じなのかと今頃認識しました。

 

今年最初のキャンプは三角テントかカマボコテントかと

今からウキウキ。

 

じつは、下のテントが欲しくて輸入するか考え中。

コットンテントで風にも強く中で立てるのは理想的。

6人用なのですが、寝袋に入った人間がギリギリ6人横たわる広さ。

ワイドサイズのコットとストーブとテーブルとイスを置くと

丁度良い広さです。犬の居場所もあるし。

円高の時にエイッ!と注文したいですが先立つものが(-_-;)

10 x 10 ft. Flex-Bow Canvas Tent - Basic

これがあれば三角テントとカマボコテントは売っちゃいます。

 

余談ですが、2016年末にHDDクラッシュして

撮った画像は保存してあって助かりましたが

プリントしていないメルアド無くしました(/_<。)

システム自体はクローンを作って別のHDDに入っていて

すぐに復旧できました。

 

このパソコン2010年モノだから、今までの中で一番長寿。

今まではだいたい5年くらいで壊して買い替えでしたから。

ギリギリでWindows10にしちゃったしまだまだ使えるぞ。

皆さんはWindows10へのアップデートどうなさいましたか?

 

 

風景 - -
あまり変化の無い日常ですが

 

少しずつ雪が融けて春ぽい雪景色になってきました。

硬くて表面が光るんです。

同じような構図の写真ばかりですがどうじょ。

 

 

 

足跡

 

 

 

いつも通る道から見える土手

 

 

 

コンデジで撮った原っぱ 雪の表面が光っていてキレイ♪と思っているのは私だけなのか。

 

 

 

家裏の夕暮れの雪捨て場 海のようだわ♪とウットリするのは変なのだろうか。

 

 

 

 

ダンボール犬 二年でやっと お利巧になりました。

御無沙汰しておりました。おかげ様で元気でおります。

今年はたくさん撮ってたくさんコンテストに応募しようかなと考えています。

4月半ば過ぎて春っぽくなるまでこんな写真ばかり撮ることになりそう。

 

余談ですが、自分の車の座席がすごく高くなることをこの頃知りました。

嬉しくて一番高くするとシートベルトで首が締まります )゜0゜( ヒィィ。

補助シートベルトというものがあると知り注文。ベルトはゆるくなったけれど首にかかるなあ・・・

とブツブツ言っていたら「シートベルトの位置をずらすボタンがあるでしょ」えっ!?

一番高い位置で固定されていたようです ε= (´∞` ) はぁ〜・・・

今年は道東や道北方面へ行ってみたい♪ 森林の空気も吸いたい! と夢は膨らみます♪

 

 

 

風景 - -
強風の洗礼

 

 

 

 

      今、初雪が降っています。霙かな。

アラジンの芯を新しいものに交換して火を入れました。

そろそろ冬タイヤに交換しなければなりませんです。

 

上の画像は前回の美笛キャンプの朝に撮ったもので

下の画像は先日撮らせていただいたお仲間のテントです。

自分で薪を割れば薪代無料というキャンプ場なんですよ。

薪ストーブの暖かさと木の香りっていいですね。

 

 

       

 

 

前回のキャンプは結構な強風で、

それでもモノポールテントなので何とか一人で建てました。

一息ついてからおニューのタープを張り、

風でバタつきながらも次の日まで耐えました。

 

今回はお仲間に誘われてデイキャンプ。

昼間だけと思って油断していたのですが結構な強風で

大騒ぎして個人輸入でやっと手に入れたテントを壊してしまいました(゜◇゜)~ガーン

テント設営中に強風のためにグラスファイバーのポールが二本折れ・・・

 

ポールを修理するキットはみつけましたが、1600円のものを輸入すると

6000円以上になってしまいます。

届く時にさらに1000円くらい手数料かかるのでどうするか考え中です。

 

それでもお仲間のテントで楽しくお話を伺った後、

キャンプ場の中を散策したところ、あれほどの強風にも関わらず、

低いところは風が弱いのでした。

 

(゜0゜;・・・私って、丘の一番高いところに設営してた・・・

雨の時に水がつかないようにできるだけ高い場所を選ぶ癖が仇になりました。

そういえば、テント壊れた時に一緒に飛ばされたテントも

反対側の一番上のテントだった・・・

 

ちょっと考えればわかることなのに

見晴らしの良い高い場所を選んだ私が馬鹿でした。

こうやってキャンパーとして成長していくんだなあ。

 

 

 

 

 

テントのことについてじっくり考えると

行きつくところはモノポールテントか鉄骨テントかなと思います。

モノポールテントは雨風に強いし

鉄骨テントだけが強風なのにいつもと同じ顔で建っていましたから。

 

初公開ですが、これ(上の画像)が5年間使っている私のテントです。

お道具自慢はオレンジ色のガスボンベかな♪

 

このタイプのテントでインナーがコットンのが出ています。

魅力的だわぁ(´▽`)輸入したテント捨ててそっちに気持ちが・・・

 

なんか、キャンプブログの様相になってますね(^▽^;)

 

------------------------------------------------------------------------

 

余談ですが:毎回キャンプの時に足が攣ります。

よく効く塗り薬や飲み薬を持って行きますが

何度も足が攣って飲み薬を全部飲んでしまって途方に暮れました。

筋肉が冷えると足が攣るのでいつも湯たんぽを寝袋の足先に置くのですが、

そのせいで寝袋の中が窮屈になり、かえって足の攣る原因になっていたようです。

 

で、今回苦肉の策で湯たんぽを腿の後ろ側に置いて寝ました。

それから朝まで一度も脚が攣らずにゆっくり休めましたよ〜♪

足が攣らない方法を覚えたので、ますますキャンプが楽しみです。

 

普段はまったく足が攣らないのに疲労と寒さって怖いですね。

 

 

 

 

 

 

風景 - -
中折れ屋根のある風景 今も撮っています

       

 

 

       

 

 

 

 

 

風景 - -
| 1/34 | >>