ヾ(〃^∇^)ノわぁい♪更新トビトビでごめんね。お気に入りが撮れたら更新します♪
CALENDAR  ARCHIVE  ENTRY  CATEGORY   
 RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
覚え書き 北海道胆振東部地震

 

    昨年の秋に撮った安平八幡神社(厚真町の隣町)

 

2018年9月5日(水)

9月4日火曜日夜から9月5日水曜日午前中まで台風21号来襲

9月5日未明から家が振動するほどの暴風雨。午前3時頃から停電午前6時頃復旧

 

2018年9月6日(木)地震直後

未明3時過ぎに大地震。(北海道胆振東部地震)

飛び起きてテレビと電気をつけて窓を開けるも停電

すぐに電気が復旧したのでパソコンの電源を入れて情報収集。10分もたたないうちにまた停電

一瞬眺めた強震モニタの画面から震源地はここらへんだろうと判断だけはできた。

窓から外を眺めると消防車がゆっくりと巡回している。有難い。

LEDライトを点灯して道具箱からラジオとLEDランタンを取り出し買いだめしてあった電池を入れる。

停電だし何もできないので寝ようと思うが余震が続く。

ラジオを聞いている間に夜明けで明るくなってくる。

水道が生きているので風呂桶に水を張り、ありったけのヤカンに水を貯め、ポリタンクにも水をいれておく。

生協の純水ボトル満タンのものが5本あるからしばらくの間飲み水は大丈夫かもしれない。

 

2018年9月6日(木)朝になってから

相変わらず停電は続いているラジオの情報が有難い。

停電するということはテレビが無いので脚色されたワイドショーとは違う必要な情報だけが入ってくる。

他の地域でどのように報道されているのかは少し気になる。

明るくなってから気付いたのだが小さな物が落ちているが壊れてはいない。

重い本棚が2cmくらいずれている。パソコンモニタもずれている。

水は出る。プロパンガスの配管に異常は無い

ラジオの情報から震源地がすぐ近くでここは震度5弱だったと知る。

近隣市町村だけかと思っていたら北海道全体にダメージか。

北海道全域の停電で復旧には時間がかかるというので腹をくくる。

ご飯を炊いて味噌汁と卵焼きを作る。

昼に冷凍庫のアイスキャンデーを食べたがまだ凍っていた。

停電から10時間くらい経つのによく溶けないものだ。

午後2時頃に通電した。ネットで情報を集める。

14時30分頃に役所の女性職員二人が住民の安否確認に来た。関係機関に報告するのだろう。

通電してからネット接続して情報を集め、知人に無事である報告をした。

就寝後も大きな余震が無かったので朝までぐっすりと眠った。

 

2018年9月7日(金)

電気、水道、ガスに異常なし

昼頃からネット接続できなくなった。

北海道全域で電話回線とネット接続が繋がらなくなっていると連絡があった。

アナログ回線もダウンしてツーともウンともいわない。

情報収集はラジオとテレビのみとなった。

緊急の電話は役所からのみかけられる。役所のATMのみ使える。

必要最低限の通信だけは確保しているようだ。

アマゾンに注文した6日木曜日に届く予定の荷物が遅延もしくはキャンセルの連絡。

腐るような物ではないのでいくら遅くなってもいいから欲しい。

ここらへんは地滑りも陥没も無いがどうやら周辺の物流が滞っているようだ。

私が感じているよりも被害が深刻な状態で、どうやら自分も被災者らしいと気付く。(遅い)

コンビニは何時間も並んで一人5個まで。ほとんどのコンビニが休業。個人商店も物流ストップのために売る物が無いそうだ。

毎日飲んでいる牛乳もまったく手に入らないので近所の牧場へ行って分けてもらうことになった。

線路を挟んで向こう側は停電が続いている。近隣町村では今も断水している。

ここもいつ断水や停電になるかわからない。

今のうちに水と燃料をさらに確保しておこう。

米櫃の中に米はある。田舎なので野菜は何とかなるだろう。冷凍庫に魚や肉もある。

 

通電しているうちに洗濯と入浴。

明日は大量に米を炊いておにぎりを作って冷凍しておこう。

今日の不便は電話とネットの寸断。23時30分頃に電話とネットが復旧した。

余震が続く中就寝。

 

2018年9月8日(土)

朝から生活インフラは通常通りだった。

新聞にスーパーのチラシも入ってきたので少し安心したのだが

実際店舗へ行ってみると品物は通常の5分の1から10分の1程度。

しばらくの間流通が止まっていたため食品工場も稼働できなかったのだろう。

養鶏業者さんが卵と野菜の行商に来たので購入した。

遅延していたアマゾンからの荷物が二日遅れで届いた。物流が戻ったようだ。

地震直後の余震は一時間に7回から10回あったが今日は平均すれば一時間1回ペース。

ただ、20時過ぎてから少し増えてきたし、ドン!というショックを感じる揺れ方だ。

 

連日の睡眠不足で目の下が痙攣。温めたら治るかな。

 

あまり困らず普通に生活しているので忘れがちだが

ここらへんは被災地で、自分も被災者。

家が壊れたり怪我していなくても被災者なのだなあ。

今夜も余震で眠れないかもしれない。

 

----------------------------------------

 

9月26日 追記

 

9月25日に久々にコンビニへ行ったら

牛乳も豆腐も豊富にあり新製品も入っていた。

納豆がまだ無いのだが。冷凍してあった納豆と大豆で作るか。

 

田舎は食べ物に困らなかったが札幌では困ったそうだ。

震源地から遠く離れた札幌市東区のダメージが大きい。

危機感を持ったので少しだけ非常食を買いそろえた。

 

こんな時にはどんどん被災地へ出かけてあげたい。

地震の一週間前に行った鵡川町のケーキやさんが

地震の後でどうなったか気になって調べたら営業をはじめたらしい。

厚真町のジンギスカンやさんも営業をはじめた。

被災地が少しでも早く前へ進めるように微力ながら買い物でお手伝いしたい。

 

 

美笛キャンプ場が地震前日の台風21号のせいで閉鎖になった。

野営に最適な季節に美笛の景色を見ることができない。

管理人常駐で犬OKのキャンプ場を探そう。WiFiもあると嬉しい。

家族のこともあるので近場で我慢しよう。

 

9月24日にキャンプ用兼災害対策用の5kボンベを購入。

ガスストーブは持っているが一口コンロも欲しい。

 

プロパンガスは気温が低下しても火力があって

カセットボンベのブタンガスとはまったく違う。

ブタンガスはプロパンガスよりも沸点が高く蒸気圧が低いため

気温が低いと気化しにくくなり運良く着火できても火力が弱くなる)

 

プロパンガスボンベの扱いやガスの充填は

数年前から法律が厳しくなって個人で管理するには敷居が高いが

寒い時期に停電した場合の暖房対策のために備えておけば安心だ。

 

----------------------------------------

 

9月30日追記

 

コンビニが以前と同じ状態に戻って品物が豊富になった。

さきほどM5の少し大きな地震あり。

29日夕方に螺旋状の地震雲が出ていたけど写真撮らなかった。惜しかったなあ。

 

現在台風24号が本州を通過中。

明日午前中に北海道を通過するらしい。

停電と断水に備えて水を汲んでおこう。

 

風景 - -
スポンサーサイト
- - -
<< NEW | TOP | OLD>>